よのなかは。

映画・本の感想。観て/読んで心打たれた作品を紹介しています。

観るかどうか迷っている方へ!『007 SPECTRE(スペクター)』感想

SPECTRE (スペクター)観てきました!

ダニエル・クレイグ=ボンドの4作目。

絶賛公開中の作品なので、ネタバレは(極力)なしで見所をまとめていきますね。

劇場で観ようか迷っている方は、よかったら参考にしてください。ちなみに、私はもう一回観に行くつもりです!

 

①今作のボンドはどうだった?

②ボンドガールは?

③悪役は?

④アクションは?

⑤舞台は?

⑥ストーリーは?

⑦その他!(新たな登場人物・音楽など)

 

 

①今作のボンドは?

はい、主役です。(当たり前だ)

今作では、わざわざ「主役!」と言いたくなるくらい、輝いていました。単純に尺に対しての登場時間も非常に長かったですし、何よりはじめから終わりまで主役らしく大活躍していて、気持ちよかったです。

前作『Skyfall(スカイフォール)』の結末が結末なので、「ボンド、どうなっちゃうの?」と心配な方も多いかもしれませんが、安心してください。履いてますよ。(・・・。)というギャグを視聴後飛ばせるくらい、元気に「ボンド」してました。観て良かった!と思えた一番の理由は、ボンドが生き生きしてたからかな、と思います。結末はなかなかにびっくりな感じ。ネタバレぎりぎりで表現すると(白文字で)、「カジノの結末でヴェスパーが生きていたらこうなるはずでしたね」・・・」というようなエンドです。

個人的には、「良かったね」と心から言いたいエンドでした。そうだ。今作、後味良いですよ!

私は一人で観ましたけど、誰かと一緒に観ても素敵だと思います。

あと、ダニエルクレイグは相変わらず良いボディーしてました。胸筋ばっちりでスーツが今作もよくお似合いでした。ごちそうさまです。

 

②ボンドガールは?

今作ではモニカ・ベルッチとレア・セドゥがボンドガールを演じました。二人ともそれぞれキャラクターが立っており、印象的でした。そういえば今回は、前3作と違って(白字)ボンドガールが死ななかった(少なくとも死ぬシーン/死体がない)です。

モニカ・ベルッチはイタリアで登場します。(そうこなくっちゃ!)出番は非常に短いですが、さすが。存在感ありましたね。大人の色気全開です。ボンドガールというか、ボンド・レディ/ボンド・マダムと呼びたい。

レア・セドゥはアクティブで強さのあるボンドガールでした。こちらはガールという言葉が似合いますね。慰めの報酬のボンドガールとダブりつつも、カジノのヴェスパーが頭をよぎるような女性でした。

 

③悪役は?

クリストフ・ヴァルツですよ!クリストフ・ヴァルツ私、今回クリストフ・ヴァルツの悪役っぷりを観るのが楽しみで劇場に行ったようなものです。

SPECTREのキャストが発表された時、一番興奮したのはここよ!って方も多いのではないでしょうか。私はそうです。

イングロリアス・バスターズ』での、あの素晴らしかった悪役っぷりを思うと、正直、今回の悪役は物足りなかったです!

理由は、

・出番が少ない!

・立つと体格が気になる!(座っているとやっぱり雰囲気あるんですけど、立つと迫力が減る感じで、もったいない!ボンドはじめ他の人物がスタイル抜群なせいか?表情とか最高なんですけどね!)

・物足りない!気持ち悪さが圧倒的に足りない!(『イングロリアス・バスターズ』でのあのクネクネしたニヤニヤ演技、最高に気持ち悪くて、腹の底から「この野郎!!」って叫びたくなるような味があって好きなんですけど。今回は、大物なのはわかるんんですけど、物足りなかったです)

・キャラクターの設定が微妙!

例えば前作Skyfall(スカイフォール)のシルヴァなんか、キャラクター立ってましたし

こんなところですかね。007史上最高の悪役を期待していたのですが・・・。これなら前作シルヴァの方が断然魅力あるなって感じです。観終わって間もないのに、もう名前が頭から抜けました!なんだっけ?

 

④アクションは?

最高です。大満足です。

今回は、乗り物アクション多いです。拳を使った闘いは少ない印象です。

陸・海・空全部でアクションします!(つまり「ヘリと飛行機と船と車全部運転します!」ってことです。何でそんなことできるんだ!超人か!かっこいいからいいけど!)

特におすすめはカーアクションです。やっぱりボンドと言えば車ですよね。やや長いかな?というくらいボリュームありました。今回も道無き道(物理的に)を突っ走っていて、楽しいです。

それから、建物の崩落シーンがやたら多いです。それも石造りの重々しい大きめの建物がドッカーンするものですから、さすが007、お金かけてるスケール大きいなあって感じです。爆発・崩落・シーンなんかは音響も含めて、劇場だとより楽しめますよね。

 

アクションを楽しみたい方は、特に観て楽しめる作品だと思います。アクションだけでも観る価値ありです。

 

⑤舞台は?

 今作では、なんと6カ国(以上?)登場しました!

6カ国と言うのは、もちろん英国、それにメキシコ、イタリア、オーストリア、日本、砂漠(不明)です。

シーンが次々切り替わって、楽しみどころが多いです。

ボンドがイタリア語を話すシーンがあって、個人的にツボでした。短いながら、台詞が粋というか可愛らしくて笑えます。

 

冒頭のメキシコシティのシーンが最も印象的でした。祭りの最中のため人々が特殊な格好をしていて、圧倒されます。美しかった・・・。人々のエネルギーと神秘的な美しさが、本当に素晴らしくて・・・。しかもそれに見とれてたらど迫力のアクション()

その後のローマでは建築物や道路が厳かで惹き付けられますし、オーストリアの雪景色なんて寂寞として美しくて、カーアクションも車のCMに見えるくらいでした。

日本(東京)は会議室しか登場しません(笑)ボンドも来ません!

舞台、景色もそれぞれ個性的で美しく、魅力的です。

 

⑥ストーリーは?

やはりストーリーが気になる方は多いでしょうか。

今作SPECTREのストーリーは、前3作カジノ・ロワイヤル慰めの報酬スカイフォールの流れを踏まえており、

前3作を観ていないと、感情移入しにくいし、わからないところも出てきますよ。周囲のキャラクターも前3作より引き継がれています。

さらにボンドの心的変化をカジノ・ロワイヤル慰めの報酬スカイフォールと)追ってきた上で今回のSPECTREを観ないと、イマイチ感動できないような気がします。

 

私は、SPECTREの終盤〜結末、心が温まったんです。「MI6、よし!ボンド、良かったね!ああ、観て良かった!」と。これが感動かと。

なぜ感動したかと言うと、私はカジノのオチ(思い出しただけで心拍数が!)を知っているからです!もっというと、その後の慰めの報酬でのボンドと周囲の人々(思い出しただけで目頭が!)更に直前のスカイフォールの衝撃(思い出さなくても血圧が!)を知っているからです!

 

ちょっと脱線しますけど、やっぱり『ハリー・ポッター』は賢者の石から読み(観)たいじゃないですか!で、秘密の部屋、アズカバン・・・ときて死の秘宝ですよ!最初11歳だったハリーたちが最終巻では17歳になって・・・。順を追って見守っていると感情移入してくるもので、感情移入すると、意外と好きになってくるんですよ、作品や登場人物たちのことを。好きじゃなくても、逆に「こいつぅ!」って憎たらしく感じるくらい「愛せる」ものです。

 

つまり何が言いたいかというと、映画は感情移入して観てナンボです!前3作を観て、それからSPECTREを観てください!そうすれば感動も3乗くらいになりますよ!滅多に映画で感動しない私が言うんだから間違いない!

 

ストーリーの項目を作ったのに、全然内容の説明をしませんでした・・・。

ストーリーに関しては、既に簡潔にまとまったあらすじ・ネタバレがネットに挙がっていると思います。人気のある作品ですしね!

検索してください!

 

⑦その他!(登場人物・音楽など)

今回は、MI6の面々が活躍していました。

スカイフォールで現れ始めていた、「00セクション=時代遅れ」という政府の認識が、じわりじわりと007はじめMI6のメンツを追いつめます。新キャラクター・Cはその代表格で、人間ではなく機械を駆使した作戦を重視し、監視システムを拡大・全人類を監視することを目指しています。(行き過ぎた監視社会を風刺しているのかな、とも感じました。日本もマイナンバー制度が始まりましたね・・・。)

Cの強引さに職場を追われ、次第に身動きが取れなくなるMI6のM、マネーペニー、Qたち。

しかし、彼らは制限された環境でもボンドと協力し、悪と戦います!

今作ではオフィスではなくアウトドアで活躍するMたちが観られます。Qが外で(一瞬だけど)走るんですよ!本当に観て良かった!今回もQ大活躍なので、Qファンの方はとりあえずSPECTRE観ましょう。

マネーペニーはボンドの「戦友」って感じで、心強い存在です。冷蔵庫空けながら電話するシーンがあったり、「私生活」を晒す感じがオシャレなボンド映画では新鮮で、ニヤニヤしちゃいました。逆に言うと、マネーペニー以外に生活感出せるキャラクター、思い当たらないっていうか・・・。他の人絶対冷蔵庫とかNGでしょ。

Mは途中までパッとしませんでしたが、さすがM、終盤はやっぱり魅せてくれました。

あと、MI6のおじさんもアウトドアで活躍してました!名前が思い出せないけど!

MI6の面々ががますます好きになりました。

 

続いて、音楽について。

 オープニングテーマは、普通ですかね。普通に良いです。イントロは、相当かっこいいです。劇中で時々イントロと同じ旋律が流れると、重々しいかつ悲しげな雰囲気が出て素敵でした。個人的No.1テーマの座は、スカイフォールから動かずです。

 

 

長くなりましたが、これで終わります!

これから『007 SPECTRE(スペクター)』を観るかどうか迷っている方の参考になったら嬉しいです。